top of page

「久しぶり元気?」

 

高校時代の同級生からの久々の電話だった。

思い出話に花を咲かせながら、互いの近況をしばらく話した。

彼女は突然本題を切り出した。

「ウチの会社で営業を募集してるんだけど、どうかな・・・?」

 

当時、地元の不動産会社で営業職として働いていた僕は、確かに現状に満足していなかった。

反響営業(カウンターセールス)という営業手法で、ただ興味のあるお客様を待っているだけ。

契約になるかどうかは、どのお客様を担当するかの運で決まり、営業マンの能力による差はほとんどなかった。

でも不満はあっても、辞めるだけの勇気は無かった。

 

「ごめん、今の仕事がうまくいってるから無理だね」とウソをついた。

 

当時の僕は、今思えばどうかしていた。

毎晩仕事が終わると飲みに行くかクラブに行き、明け方まで遊び仕事にはフラフラで行っていた。

女性関係もルーズで、プレイボーイで有名だった。

 

 

いくら遊んでも心が満たされない。

それが何故かは分からなかった。

「人生は複雑だ」と斜に構えていた。

真面目に働くなんて馬鹿馬鹿しい。

 

楽で稼げる仕事は無いかな?といつも都合の良い事を考えていた。

 

そんな僕の心を見透かされていたのか。

同級生が僕に電話をかけてくる事はもう無かった。

 

 それからしばらくは、いつもの日常が続いた。

僕はいつしか同級生からの電話を待っていた。

何かが変わるような予感がしていた。

 

しびれを切らした僕は、自分から同級生に電話をかける事にした。

iphoneの発信ボタンに手をかけては取り消し、それを何度か繰り返し、ようやくボタンを押せた。

 

「この前の話、まだ大丈夫かな?」

 

「分かった。社長に言っておくね」

 

たかが電話をかけるだけなのに、こんなに緊張したのは初めてだった。

 

数日後、僕は面接のため新宿のオフィスを訪ねた。

なめられないように少しネクタイを緩め、スカした雰囲気で面接にのぞんだ。

でも数十分後、自分の口から出た言葉に自分自身が驚いた。

 

 

「自分を変えたいんです」

 

それから僕は変わった。

髪を黒く染めなおし、営業の本を読み漁った。

同級生とは同僚になったが、もう恥も外聞も関係なかった。

地元の友人の誘いは全て断った。

(地元では『死亡説』が噂されていた)

 

毎日が勝負だった。

アポイントが取れないと悔しくてたまらなかった。

数え切れないほどの悔し涙を流した。

 

プライドを捨て頭を下げてトークを教えてもらい、技術も盗めるだけ盗んで自分のものにした。

営業の業界で一番難しいとされている「飛込み営業」もナンパだと思ったら楽勝だった。

 

僕は、ある法則に気づいた。

「こんなに頑張ってる人間は俺以外いないだろう」と思える位頑張った時は、必ず結果が出た。

 

それを社長に尋ねてみた。社長はブラックコーヒーを飲みながら渋い顔をして。

「お前、いい線いってるな」と初めて褒められた。

 

そうか!コツコツやろうとするからダメなのか。

バリバリやればいいんだな。

はじめて「人生ってシンプルなんだな」と思えた。

 

 

仕事が楽しくてしょうがなかった。

自分が成長するのが嬉しくてしょうがなかった。

もう、昔の僕ではなくなった。

 

 

昔の僕は『死事』をしていた。

今の僕は『志事』をしている。

bottom of page