top of page

 2013年の夏、僕の人生はターニングポイントをむかえていた。

彼女との最後の電話を終えた後、僕はビールをグイっと飲みほし東京の夜景をしばらく眺めていた。

 

僕は新卒から6年間勤めた不動産会社から、彼女と彼女の親の反対を押し切り、この会社に入社した。

 

その頃、当時の上司でもあった当社の代表が独立するために退職した。

部下だった僕は、独立の事も退職の事も何も聞かされておらず、突然の事に呆然とした。

納得できなかった僕は代表に電話をかけ、いつものバーで話をする事になった。

 

「何で教えてくれなかったんですか!水くさいですよ!」その時僕は正直怒っていた。

 

「悪かったね。でも、どうなるか分からないから巻き込めないよ」

「何を言ってるんですか!一緒にやらせてくださいよ」

 

代表は、嬉しそうな悲しそうな何とも言えない表情をしていた。

 

「休みもしばらくは取れないだろうし、給料だって出せるか分かんないんだぞ」

「覚悟はできてます」

 

の日は、自分でも驚くほど酔えなかった。

 

家に帰り、彼女に報告した。

彼女はきっと賛成してくれると思っていた僕は、その時、事の重大さに気づいていなかった。

「仕事と私どっちを取るの?」なんてドラマの中だけのセリフだと思っていた。

 

それから一週間、話し合いという名のケンカが続いた。

もうお互いを思いやる余裕も無くなっていた。

ある日、帰宅をしたらテーブルの上にメモが残っていた。

 

「あなたとは結婚できない。さようなら」

 それから、僕は何かに取り憑かれたようにガムシャラに仕事をした。

自分でも驚くほど仕事に身が入り、結果を出し続けた。

 

当初は本当に休みもなく給料が出ない時もあったが、すぐに会社は軌道に乗った。

 

僕があんなに頑張れたのは、別れた彼女のおかげかもしれない。

彼女が好きだったのは僕ではなく、安定した会社で働いている僕だったのだろう。

だから僕は、"会社"ではなく"僕自身"がブランドになろうと決めた。

辛いときも「今に見てろ」と懸命になれた。

 

本当の安定とは何だろう?

僕は、自分の実力があるか無いかだと思う。

 

「どこに行っても通用する実力をつけよう。」そう思った時、

どんな仕事でも自分の為になると思えるようになった。

 

「営業でトップになれよ」

「採用のリーダーをやってくれ」

「マネージャーになって部下を見てくれ」

 

まるでゲームの主人公が新しい武器を手に入れるように・・・

「またレベルアップできる」

そう思えるようになった。

僕には今、大切に想っている人がいる。

 

彼女とは、この会社で出会い職場恋愛をした。

事務員だった彼女は、いつも笑顔で僕のサポートをしてくれて苦楽を共にした。

二人が惹かれあうのに、そんなに時間は必要なかった。

 

当社の就業規則に『社内恋愛は真剣かつ健全な場合のみ認める』という変な決まりがある。

僕たちは、「OKだよね」と笑った。

彼女は会社を退職し、結婚を前提に同棲をはじめた。

 

ある日、僕が深夜に帰宅するとテーブルにメモが置いてあった。

僕はドキドキしながら、そのメモに目を通した。

 

「いつも遅くまでお疲れ様、あなたはいつも強がっているけど

 本当は繊細で優しい人だってこと、私は知っています。」

 

メモの上にポタポタと涙がこぼれた。

 

そして僕はビールを飲み干し、あの時と同じように夜景を眺めた。

bottom of page